RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
1211.まちのはなしをきく
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:渋谷


 こんにちは!
2年の澤部です。

すごく遅くなってしまったのですが、
2011年度を迎える前にSCAPEWORKS百軒店2010を最後まで振り返っておきたいと思います。


まずは今年度のイベントの総まとめとして行われた

まちのはなしをきくという座談会について!



百軒店商店街にある魚THEユニバースというお店をお借りして、
15時〜17時の間座談会を開催しました!

テーマはその名の通り、「まち」。
今まで私たちが百軒店商店街で行ってきたイベントを踏まえて、
商店街の意義や百軒店商店街のことについて
色々な人とお話をしました。

今回は、
・百軒店商店会会長の上島晃さん、
・シアターワークショップ代表の伊東正宗さん
・渋谷区役所地域まちづくり課課長の須藤さん
・劇作家の岸井大輔さん
をパネリストとしてお迎えし、
商店街のお話を色々していただきました!

まず、SCAPEWORKS2009から2010に行われたイベントについて
ラボ生よりスライドを元に報告をしました。
(2009年度報告は3年の川嶋さん、山崎さん、
2010年度報告は私が行いました。)

今回の座談会で話した内容は、
・渋谷の強みは地形なので、これを生かさない手はない。
・百軒店商店街は自分たちの意志で営業をしているお店が多い。
・日本のまちからだんだんと商店街がなくなってきている。
・外国にはない、すでにすたれてしまった文化なので、外国人に商店街を紹介するとすごく喜んでくれる。
・綺麗なまちを作ろうとすると、どこへ行っても同じ街並みになってしまう。商店街のような個性のあるまちがもっとあってもいいと思う。
など、百軒店から商店街全般のお話まで多岐にわたり、
とても内容の濃い2時間となりました。

パネリストの皆さんにお話をしてもらう以外にも、
聞きにきてくださった商店街の方々にも色々なお話を聞くことが出来ました。

今回まちの人たちのお話を聞いて、
この場所でイベントを行っていく意義について考えさせられました。
商店街と関わって行くには生半可な気持ちではダメだと改めて感じて、
来年度もしっかりとこのまちの人たちと関わって行きたいなと
強く感じた1日でした。


-
author:鳥越ラボ, category:イベント報告, 11:23
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:23
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://scapeworks.jugem.jp/trackback/20